« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

谷間のカフェ  宮城県大和町宮床

8

仙台市内から北方向によく見える七ツ森の谷間にある小さなカフェが5周年を迎えました。廃屋をリホームして若い夫婦が始めた店です。
 この先には人家はありませんが100mほど手前に背後の七ツ森への山岳信仰の基地だった古い寺院跡もあり歴史ある土地です。
 ロケハンや釣りでよく通る道沿いなので寄り道して豆を買います、深煎りに見えて甘い香りがたつ絶妙なブレンドです。

用紙はミューズ・タッチをSMサイズに切りました。絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

復興のイチゴハウスと菜の花 宮城県山元町高瀬

3

絵の季節は5月にさかのぼりますが津波で壊滅したイチゴ農地が少しづつ復興していました。そしてこの秋に営農希望の生産者52戸が完全復活しました。
 117日に出荷式が行われ収穫と出荷の喜びを皆さんで分かち合いました。
 絵は5月の連休に行われたイベントの模様です。菜の花畑の面積は約6.7h、種は福岡県行橋市の方々からの寄付です。この田んぼは来年は作付けが行われる予定ですが、このイベントは場所を変えて続くとのことでした。

用紙はハーネミューレ・バンブー48×36cm、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

山寺から二口峠へ  山形市山寺

6_2

山寺から県境の二口峠を望みます、画面右奥の峠です。
 狭い林道で超えて行くのですが山形側はせまいながらも走りやすいですが宮城側は難路です。以前から山形県は観光振興目的で改良に熱心ですが宮城県は維持管理の大変さから温度差があります。
 左へ3つ並ぶとんがり山の3つ目の頭の上の凹部が峠で道が続いています。そこから振り返ったのが前記事です。好天に恵まれて幸運でした。

用紙はモンバルキャンソンのマリン48×23cm、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

月山冠雪  山形市二口峠から

5

山寺からの帰路の林道を峠近くまで上ったところから振り返ると雪を少しかぶった月山が夕方の薄靄の彼方に美しい姿を見せていました。この林道は仙台市と山形市を結ぶ最短ルートであり観光振興の点から改良の話が時々出てきますが巨費をかけてまで無理をする必要はないと思います。

用紙はストラスモアインペリアルF6、絵具はW&Nです。今日いつもの画材店に行ったらW&Nの限定色というのが6色ありました、茶色系が主の地味なものですがとりあえず買いました、普通のは350円これは1個500円ですがまあシュミンケに比べたらなんてこたあないです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

里の秋深し 仙台市秋保町

4

前記事の山寺から峠越えの帰路です、畑の中に見事な枝ぶりの柿の木がたくさんの実をつけて夕陽をあびていました。
 左遠景の山なみの向こうが山寺ですが峠越え路は林道でせまく急カーブところどころ未舗装の難路です。
 左端に見える道が現二口街道です、古い石碑があり解説によると静御前ゆかりの伝承があるとのことでした。この街道は戦国期には山形最上勢が山を越えて伊達領にちょっかいを出しに来る道でこの奥には防御監視のための足軽集落がありました。平和になってからは交易路としてして活用されていました。

 用紙はランプライト56×39㎝、絵具はW&Nです。はじきが強すぎて不評の紙ですが、水張りの時に塗装用の刷毛で強めにこするとドーサが少しとれるようでちょうどよくなります。ちょっと荒っぽいですが自分なりの対処法です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

山寺の秋  山形市山寺

2

山寺は冬が好きですが、今年はおくのほそ道の足跡を追って夏を描いたので秋も描かねばならんと勝手に思い込んでいました。
 10月末の好天の日に出かけて対岸の岡から見て描きました。
 こんな急斜面の岩山になんでこんなに杉を植えたのだろうと思えるほど杉の緑が存在感を主張しています。創建当時は画面上半分のような広葉樹とアカマツの林地だったはずです。

用紙は旧ワットマンF8、絵具はW&Nです。下のほうにはガッシュの力も借りました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

遠野のバス停  岩手県遠野市

1

 昨年訪れた遠野市の郊外で見た坂の下という名の茅葺き屋根のバス停です。まちに出かけるおばあちゃんとお孫さんがおしゃれをして立っていました。バス停といっても見事な木組みがされており驚きました。こんなバス待合所を見たのは人生68年初めてでした。
 さすが遠野と感心しました。もっとも全バス停ではありません、たぶん地域の方々の支援があったのでしょう。
 バスの名前は早池峰バスこれもまた美しいです、小型のバスの横には水木しげるさんが描いた遠野物語のイラストが描かれているのもありました。
  Dsc_0315_2
 市内大出の早池峰神社で見かけたバス。
 

 旅人の勝手な思い入れかもしれませんが遠野盆地にはなにか違う時間が流れ、豊かな風が吹いているような気がします。

用紙はアルシュ細目51×36cm、絵具はW&Nチューブタイプです。正確なところは分かりませんが使っている感じでは固形タイプより柔らかというか空の青に見られるように滑らかな感じです。メデュームがたっぷりのチューブとカチカチの固形では製造過程から異なるわけですから違って当然でしょう。浅い経験ですが水彩絵具の本流はチューブタイプなんだろうと思います。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »