« 月山冠雪  山形市二口峠から | トップページ | 復興のイチゴハウスと菜の花 宮城県山元町高瀬 »

2014年11月20日 (木)

山寺から二口峠へ  山形市山寺

6_2

山寺から県境の二口峠を望みます、画面右奥の峠です。
 狭い林道で超えて行くのですが山形側はせまいながらも走りやすいですが宮城側は難路です。以前から山形県は観光振興目的で改良に熱心ですが宮城県は維持管理の大変さから温度差があります。
 左へ3つ並ぶとんがり山の3つ目の頭の上の凹部が峠で道が続いています。そこから振り返ったのが前記事です。好天に恵まれて幸運でした。

用紙はモンバルキャンソンのマリン48×23cm、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« 月山冠雪  山形市二口峠から | トップページ | 復興のイチゴハウスと菜の花 宮城県山元町高瀬 »

コメント

こんばんは哲です。
 画題の困窮などご謙遜を、さすがです。この雲は面白いです。人物を含めた全体の空気とマッチしています。
 写真を基にしているのでどうしても細部が見えてしまいます。イメージの膨らみを考えるのですが、難しいです。スケッチの感覚を取り入れてみたいと思ったりしています。
 昨日、育ちの送れた大根を収穫し、洗って軽トラの荷台に積んでおいたら、今朝は凍っていました。外気は入りますが、車庫の中です。盛岡の叔母と親戚に凍ったまま届けてきました。帰りの藪川は氷点下3度でした。今朝はマイナス8度だったそうです。寒くなりました。

投稿: 哲 | 2014年11月20日 (木) 21時28分

哲さん、いつもありがとうございます。
 イメージのことですが、この絵の現地では手前の草地は観光施設の大きな駐車場になっています。周囲の地形から以前はこうだったのだろうと想像しました、当然人物もイメージです。
 山の色も自分のイメージでW&Nで塗り重ねをして現地より鮮やかにしています。
 イメージは現場を素材に自由に作っていいと思います、別に責任を取らなければならないわけでないですから。日本画の巨匠の風景画もほぼイメージでできあがっています。

投稿: 杜しま | 2014年11月20日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/58040094

この記事へのトラックバック一覧です: 山寺から二口峠へ  山形市山寺:

« 月山冠雪  山形市二口峠から | トップページ | 復興のイチゴハウスと菜の花 宮城県山元町高瀬 »