« 友のふるさとの山  青葉区作並 鎌倉山 | トップページ | 雪が降る  仙台市泉区川崎 »

2014年12月17日 (水)

せんだい光のページェント

5

今年も仙台市の冬のイベント“せんだい光のページェント”が始まりました。市内の若手商業者たちの熱意ではじまり1986年の第1回から市民の力で途切れず続いています。
 当初は「杜の都のご神木によるなさわるな」、「木が豆電球の熱でやけどをする」なんて感情的な反対があったことを思い出します。

 この絵は個展でお世話になっているカフェギャラリーガレさんを主役に複数の現場を組み合わせて自分の仮想現実を作りました。

用紙はミューズタント紙紺色を33×22cmに切りました。絵具はアクリルガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« 友のふるさとの山  青葉区作並 鎌倉山 | トップページ | 雪が降る  仙台市泉区川崎 »

コメント

こんばんは哲です。
 ようやく登場ですね、この時期のモチーフはやはりこれ、紺色の用紙とガッシュの組み合わせならではです。
 長い歴史があるのですね、現在はLEDでしょうからさほどでないにせよ規模が大きくなるとそれなりになるのでしょう。最近は個人宅でもセンスが良くなった気がします。
 我が家のイルミネーションは二年ほどお休みしています。

投稿: 哲 | 2014年12月17日 (水) 16時58分

哲さん、こんにちは。
 さっそくのコメントありがとうございます。
 今日は一日荒れて寒い日でした。
 光のページェントは寒さなんのそので輝いています。寒い中を歩けば熱燗で一杯となるのは自然の成り行きで居酒屋はかき入れ時です。
 現在はLEDです。20年前に市役所勤務をしていた時、市議会の本会議の傍聴席にあきらかに挙動不審のおばちゃんが入ってきて、いきなり「光のページェントは木に悪いから反対だ!」とわめいて即警備員に連れ出されたことがありました。
 仙台に触発されてあちこちでイルミネーションが行わるようになりました。秋のジャズフェスもそうですが始めた時の若衆達に拍手です。

投稿: 杜しま | 2014年12月17日 (水) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/58295250

この記事へのトラックバック一覧です: せんだい光のページェント:

« 友のふるさとの山  青葉区作並 鎌倉山 | トップページ | 雪が降る  仙台市泉区川崎 »