« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

おくのほそ道、陸奥上街道 冬  宮城県岩出山町

10

芭蕉が平泉から出羽を目指してここを通ったのは初夏を過ぎたころですが冬の姿におきかえました。街道は幹線の奥州街道から分かれて出羽街道へ至る近道の脇街道ですが県境の尿前の関まで昔の面影をよく残しています、それには芭蕉が歩いた故事もずいぶん貢献しています。道の途中の民家のところで左へ折れるのが街道です、この先松並木のある丘を越えて岩手(岩出山)の里へ至ります。

用紙はファブリアーノ極細目A-4、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

霧氷  みやぎ蔵王スキー場

8

前々記事の霧氷の昔の記憶をたどると見た霧氷をまとった樹木は落葉広葉樹でした、なんとなくカラマツを描いてしまいました。で、サイズを上げて描き直しです。スキーに夢中の20代の血気盛んなころの思い出がなつかしく甦りました。 

用紙はストラスモアインペリアルF8、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。青空がきれいに出せました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

鉄道員(ぽっぽや)から第2楽章後半

9

正月の夜、17年前に生後間もなく死んだ娘雪子が3段階に成長し、17歳に成長した姿で現れる場面、話をするうちに机の上の電話が鳴り受け答えをするうちに乙松はそれと気づきます。
 駅長室にはいろいろ小道具がありますがその電話機と机の上で狂言回しのような役割をする人形だけを描きました。

 用紙はキャンソン・ミタント茶色30×25cmにカットし、絵具はアクリルガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

霧氷の記憶  みやぎ蔵王スキー場

7

霧氷は真冬のスキー場や標高の高いところで晴れて風のない夜(冬の山では少ない)から明け方にかけて落葉樹の枝に空中の水分が氷になって着いたもので朝日が昇ると溶けて落ちてしまいなかなか見ることはできません。有名な樹氷とはでき方も姿もが全然違うものです。

私が若いころは若者の冬の遊びと言えばスキーでした。職場でもスキークラブがあり指導員がぞろぞろいてほぼ毎週末ただで教えてもらっていました。今頃の季節にスキー場付属の山荘といえば聞こえがいいですか実際には掘立小屋に一泊した時に、朝食の前にひと滑りと思って一人で誰もいないゲレンデに出るとそれまで聞いたことがない澄んだ音が響いていました。なんだろうと思って音のする方へ行って見ると、前夜についた霧氷が朝日に溶け始めて上から落ちて下の枝の霧氷にあたっている音でした。カシャーンでもなくカキーンでもない無数のクリスタルグラスを打ち合わせるような妙音でした。

 用紙はアルシュB4、絵具は日本画用水性絵具吉祥です、霧氷は胡粉です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

鉄道員(ぽっぽや)から最終章 彼岸へ

6

映画のラストシーンです。先に亡くなった妻子のもとへの旅立ちの表現でしょう。時合いも構図も見事なカメラワークです。深夜の駅に3番目にあらわれた17歳の高校生に成長した娘雪子の幻影を加えました。
同名の原作の小説は、浅田次郎さんがある時一瞬で全ストーリーの着想を得たと語っていました、文学でも音楽、絵でも着想・アイデアがすべてを決めます、技術的なことはその後です。

用紙はウオーターフォードF4、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

鉄道員(ぽっぽや)から第3楽章、葬送の汽笛

5

映画は第3ステージ、深夜お迎えに来た娘と一瞬の幸せを味わった乙松は次のシーンでラッセル車を迎える翌朝のホームで倒れます。うつぶせに倒れていましたができれば仰向けに・・・ちょっとかっこよすかしら、でも健さんですから。
 棺を乗せたキハ40型車両が仲良しの同僚の運転で朝の幌舞駅を出て行きます、長い汽笛を残しながら。

 用紙はWワトソンF6、絵具はシュミンケです。雪景色は塗り残しをすることが多いですが紙は経年酸化変色をします、防ぐために線描きを終えてから白を薄く全面に塗っています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

鉄道員(ぽっぽや)から第2楽章

4

映画は第2ステージ、最終列車もすでに出た夜の駅に成長した娘が6年後の姿で現れてしばし明るく振舞い、キスをして消えます。人形は置かれたままで次のステージへ進みます。
 次に現れた高校生に成長した娘とやがてそれと気づいた乙松の会話が映画のピークです。

 用紙はミューズタント紙の紺色をF6サイズに切りました、絵具はターナーアクリルガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

鉄道員(ぽっぽや)から

3

高倉健さんが亡くなり名作群が次々とTV放映されています。いちばん好きな鉄道員はタイミングが合わず見られませんでしたが前に見た時のイメージで描きました。
 生後2か月で死んだ娘が3段階に成長した姿で次々と現れて消える浅田次郎の名作が見事に映像化されていました。定年間際の彼に幸せを与えてくれたひと夜ですが見方を変えればあの世からお迎えに来たわけです。次のシーンではラッセル車を迎える朝の雪のホームであの世に旅立っています。
 この絵の小学生は映画では昼間にあらわれるのですが原作の幻想感とあの世からの来訪者は夜だろうと自分のイメージで時間をずらしました。
 私の祖父が戦前、学歴のないたたき上げながら努力を重ね終戦時には拠点駅の駅長をつとめた鉄道員だったので共感するところも大です。

用紙はミューズタント紙紺色をF4相当に切りました、絵具はターナーアクリルガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

今年の冬は寒いなあ  仙台市泉区福岡

3

今年の正月は青空だけれど強風や雪がどんどん降ったり冷たい雨など不安定な日が続いています。結論は寒い!です。
 風景にも色がなくなりさびしい絵になります。

用紙はストラスモアインペリアルF4、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

招き猫

S

あけましておめでとうございます。

 今年の私の福の神を描きました。年末にお世話になったお店に配ったら大変好評だったのでUPです。

用紙はワトソンF2、絵具はターナーアクリルガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »