« 鉄道員(ぽっぽや)から第2楽章後半 | トップページ | おくのほそ道、陸奥上街道 冬  宮城県岩出山町 »

2015年1月24日 (土)

霧氷  みやぎ蔵王スキー場

8

前々記事の霧氷の昔の記憶をたどると見た霧氷をまとった樹木は落葉広葉樹でした、なんとなくカラマツを描いてしまいました。で、サイズを上げて描き直しです。スキーに夢中の20代の血気盛んなころの思い出がなつかしく甦りました。 

用紙はストラスモアインペリアルF8、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。青空がきれいに出せました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 鉄道員(ぽっぽや)から第2楽章後半 | トップページ | おくのほそ道、陸奥上街道 冬  宮城県岩出山町 »

コメント

こんにちは哲です。
 綺麗な空ですね、F8画面にのびのびと枝がはって良い感じ、見ごたえがありそうです。ブログでは良く分かりませんが、木肌もきっちりと描きこまれているのだと思います。
 当方F4、SMが続いています。クサカベにはまり気味です。
 

投稿: 哲 | 2015年1月24日 (土) 16時14分

哲さん、こんにちは。
 この絵具はほかのどの製品と違う鮮やかな色がでます。なにがどう違うのかは分かりませんがいい個性だと思います。クサカベの渋さも個性ですね。
 はい、木肌も描きこんであります。

投稿: 杜しま | 2015年1月24日 (土) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/58688545

この記事へのトラックバック一覧です: 霧氷  みやぎ蔵王スキー場:

« 鉄道員(ぽっぽや)から第2楽章後半 | トップページ | おくのほそ道、陸奥上街道 冬  宮城県岩出山町 »