« 気持ちはさつき晴れ、オーディオ冥利に尽きる日  | トップページ | 春へのあこがれ  宮城県大和町 »

2015年3月11日 (水)

4年たちました 鎮魂の朝海 松島湾

 4

 大震災から4年たちました。沿岸地域再生への道ははるか遠いです。手前の松島地区ではたくさんの島々が防波堤の役をして大きな被害はありませんでしたがその北では甚大な被害がありました、JR線もまだ再建途中です。この高台に立つたびに手を合わせます。
 
 あの時3日後に電話が回復すると同時に国交省公園関連の財団から「市内の公園がどうなっているか、避難地として役立っているのか調べてくれ、東京からは行きようがない。本省の指名でもある、仙台で公園の位置内容がよく分かっていて(じつはもと公園課長)機動力があり写真が撮れてレポートが書けるのはあんたしかいない、頼む!」と言われて余震が続くなかガソリンがないので燃費のいいスーパーカブで走り回ったことが思い出されます、たまたま満タンで予備缶にもあったのが幸いしました。
 食料や水、パンク修理道具まで持って3月中だけでほぼ300km、信号の消えた6車線の道を大型車に挟まれながら小さなカブで走るのは命がけでしたがまあなんとか生きのびました。
 沿岸部被災地の風景に慄然として身も心も冷えたなあ。丈夫なニコンのデジタル1眼もバイクの荷台でガタガタ揺られて不調になり焦った時もありました。

 
 

 3種類の紙、絵具で複数描きましたが結局一番小さいのがイメージに合いました。SMサイズです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 気持ちはさつき晴れ、オーディオ冥利に尽きる日  | トップページ | 春へのあこがれ  宮城県大和町 »

コメント

おはようございます哲です。今日は何をUPしようかと考えましたが、杜しまさんのブログを見て海にしました。先ほど投稿したところです。
震災後の松島にも行きました。時折思うのですが、人工物は大きな自然にはかなわないですね、うまくかみ合わせるしかないと思います。
朝の海岸はしばらく見ていません、かなりの決意が(早起きすればいいだけですが)必要です。
描きなれた風景、思いが伝わります。

投稿: 哲 | 2015年3月11日 (水) 06時35分

哲さん、こんにちは。
 今日はマスコミも特番続きです。静かにあの日を振り返る1日になります。
 いろいろ考えた末にこの絵になりました。

投稿: 杜しま | 2015年3月11日 (水) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/59220713

この記事へのトラックバック一覧です: 4年たちました 鎮魂の朝海 松島湾:

« 気持ちはさつき晴れ、オーディオ冥利に尽きる日  | トップページ | 春へのあこがれ  宮城県大和町 »