« インディアンヴィーナス | トップページ | 個展でのエピソード、蜂が動く »

2015年5月 2日 (土)

桑畑と朝日連峰  山形県白鷹町

 1

 白鷹町を取り囲む高みの集落で今では珍しい桑畑を見つけました。手入れもされていたので現役のようです。旧米沢藩(上杉)の殖産政策の名残か土地のすみずみまで利用されて美しく豊かな風景が続く里です。

 用紙はストラスモアF4、絵具はラウニーです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« インディアンヴィーナス | トップページ | 個展でのエピソード、蜂が動く »

コメント

こんにちは哲です。
 どっしり感がいいですね、懐かしい風景です。
 我が家でも養蚕をやっていました。昭和40年あたりまでだったでしょうか、母屋の裏に蚕室と呼ばれる二階建ての大きな建物がありました。一階は粉挽き部屋、牛の住居、そして漬物と穀物の保管部屋、農具置き場、二階の全てが養蚕に使われていました。桑の葉を取りに行ったのを思い出します。

投稿: 哲 | 2015年5月 2日 (土) 17時47分

哲さん、こんにちは。
 今日も好天でハイキングの親子連れを見かけました。自分は売れた絵の納品や集金、精算をしていました。友人のところの納品は「まあ上がれや、お茶でも」となるので時間がかかります、でもうれしいです。
 こちらですと1階が居室、2階が蚕室(もう使っていない)、3階が物置なんて構造の大きな農家がまだ残っています。絹のYシャツを1枚持っていますがとても心地よい着心地でいざという時だけ着ています。
 ここを訪れたのは08年です、再訪しなければと思っています。

投稿: 杜しま | 2015年5月 2日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/59851013

この記事へのトラックバック一覧です: 桑畑と朝日連峰  山形県白鷹町:

« インディアンヴィーナス | トップページ | 個展でのエピソード、蜂が動く »