« 夏はカンゾウの花  宮城県大和町高山 | トップページ | 山は青く夏の花、ひまわり  仙台市泉区朴沢 »

2015年7月28日 (火)

100年前の雄勝石スレートをキャンバスに

Img304_4Img305

 昨年から企画されていたクリエーターによる被災地支援プロジェクトが大詰めを迎えています。テーマは「雄勝石の再生をめざして」です。
 私も参加させていただいています。浄土の花、ハスをイメージしました。
 石巻市雄勝町の特産の雄勝石で作られた屋根材のスレート(被災古民家の屋根に使われていた)に県内在住のクリエイターが60人と7つの中学校の生徒たちとの合同プロジェクトで描いたり彫ったりです。
 面白いのは、60人がそれぞれ誰が参加しているのかがわからないことで一種の闇鍋会状態です。9月に顔合わせ会がありそこでわかる仕掛けです。
 早めに提出したゆえか私の作品がDMの一番上にレイアウトされました。DMの展示会をかわきりに県内を巡回したうえ来年1月に作品をチャリテイ販売会し売り上げを町に寄付することになっています。
 この石は東京駅の屋根材に使われているのと同じ材料です。

 絵具はアクリルです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« 夏はカンゾウの花  宮城県大和町高山 | トップページ | 山は青く夏の花、ひまわり  仙台市泉区朴沢 »

コメント

こんばんは哲です。
 石に表現する作家さんとの交流がありましたね、その流れでしょうか。60人の作家さんの個性、自由な発想の中学生、楽しみですね。
 ポスター採用さすがです。杜しまさんはアクリルだと思うのですが、時間があれば油彩もありでしょうね、ネオカラーなども面白そうだと勝手に思ったりしています。

投稿: 哲 | 2015年7月28日 (火) 20時30分

てつさん、こんにちは。
 きっかけはそうです、個展を重ねる中からいろいろなかたとの交流が生まれたひとつです。まもなく作品の受付の締切りですが60人全員がぴたりとそろうかどうかはわかりません。
 いまのところ油彩に手を出すことはないだろうと思います、やってみたいのはやまやまですが。
 ネオカラーは独特のふとい表現があります、あまり作品は見たことがないですが水彩と併用するのも面白いでしょう。私はネオカラーⅡのセットを勢いで買ってしまいましたが取扱いに慣れずしまったままです。

投稿: 杜しま | 2015年7月28日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/60927010

この記事へのトラックバック一覧です: 100年前の雄勝石スレートをキャンバスに:

« 夏はカンゾウの花  宮城県大和町高山 | トップページ | 山は青く夏の花、ひまわり  仙台市泉区朴沢 »