« 6月の泉ヶ岳  仙台市泉区朴沢 | トップページ | 茅葺き屋根2軒がんばる  宮城県色麻町志津 »

2015年7月10日 (金)

60年前の記憶 エックス橋下  仙台市青葉区内旧宮城野橋

5

 都市計画関連の仕事をしてきましたが先日関連業の友人から「せっかく仙台にずっといて絵が描けるのだから戦後の自分が見たまちづくりの歴史を描いたらどうか」と言われてその気になった第1作です。1955年をイメージしています。
 仙台駅の北側にあったこの絵の通称エックス(X)橋は昨年撤去されました。
 近くの小学校に通っていた自分は駅方面に行く時にこの橋下の道を通ることがありました。この一帯は空襲から焼け残り特殊な地域になっていましたが近年市街地再開発事業によりきれいになりました。ここを歩くのは子どもどころか大人にも恐いところで特に夜になるともっと特殊な一帯になりました。
 橋の下には当時浮浪者と言われた人たちが共同生活をしていました。だから車が通ることもなくたまに通るのはリヤカーくらいです。新幹線がそばを走る時代になってもこの界隈で酒が飲める人はエックス橋の酒飲み人、筋金入りの酒飲みであると尊敬されました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« 6月の泉ヶ岳  仙台市泉区朴沢 | トップページ | 茅葺き屋根2軒がんばる  宮城県色麻町志津 »

コメント

こんばんは哲です。
 震災関連、奥の細道からすごいテーマに入りましたね。それにしてもおびただしいレンガ、用紙サイズは不明ですが、真似できません。職業柄建造物のデータはたっぷりとお持ちでしょうが、人物を含めた風俗となると記憶力もかなりの比重をしめますね、大変だ。
 先日ローカルで軽米町訪問番組、レンガ倉庫の話題で地域独自の積み方があるといっていました。昔の建物はそうなのでしょう、ご覧になる方も楽しみだと思います。

投稿: 哲 | 2015年7月10日 (金) 18時48分

哲さん、こんにちは。
 友人のアドバイスでよいテーマが得られました。これまでも今は失われた商家を描いたことがありますが次の画集のひとつの章になりそうです。どこまでいけるかはまだわかりませんが。
 用紙サイズはF4ですがまあ用紙云々を言うテーマでもないので書きませんでした。レンガをひとつ描いたら色もセピア1色でと思いましたがレンガがメインなので色を少し入れました。レンガ積みはここは木口を一段おきに出すかたちなのが独特です。

投稿: 杜しま | 2015年7月10日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/60690698

この記事へのトラックバック一覧です: 60年前の記憶 エックス橋下  仙台市青葉区内旧宮城野橋:

« 6月の泉ヶ岳  仙台市泉区朴沢 | トップページ | 茅葺き屋根2軒がんばる  宮城県色麻町志津 »