« 100年前の雄勝石スレートをキャンバスに | トップページ | みちのくは夏まつりの季節  せんだいたなばた »

2015年7月31日 (金)

山は青く夏の花、ひまわり  仙台市泉区朴沢

10

Img310

 いつもはにこちゃんマークのお日さまという感じの太陽がこのところは歯をむいて、「今日もやったるぜ!」というふうに見えます。「いいがらーそんなにがんばっこったねえぞ」、まあそのうち冬は来るわいと思って第3のビールで耐えています。
 近郊の農家の庭先によくヒマワリが咲いています、強い日差しをものともしない明るい黄色を見ると元気をもらいます。ある意味ノーテンキに明るいなという感じもしますが。

 用紙はストラスモア28×22cmのスケッチブックの試用です。絵具は日本画用水性吉祥です。

Img308_2
 安かったので画材店で衝動買いしたものです。いつも使っているインペリアルかと思ったのですが、絵具の落ち着きがいまいちなので違うようです。パルプ紙かもしれません。
 とても豪華なつくりのブックですが1枚の紙を二つ折りして製本してあります、そうなると1ページめは裏、2、3ページめは表、4、5ページめは裏というふうに48ページにわたって裏表が入れ替わりながら続いていきます。気になるところです。見開き2ページを全面使用して横長の絵を描く事もできますが閉じれば絵の両面をくっつけて保管することになります、事故のもとになります。
 この絵は3ページ目(表面)を使いました。切り取って額装するのもブックを壊してしまうので24ページの作品集づくりというところです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« 100年前の雄勝石スレートをキャンバスに | トップページ | みちのくは夏まつりの季節  せんだいたなばた »

コメント

おはようございます哲です。
 こちらもひまわりの季節です。各所に見られますが、周辺風景との兼ね合いでひまわりを取り込んだ景色は難しいものがあります。色のインパクトが強すぎるのでしょうか。
 最近花を描いたりしていますが、ひまわりは家の裏に咲いているのを単独で登場させるつもりです。

投稿: 哲 | 2015年8月 1日 (土) 05時52分

哲さん、こんにちは。
 青空とひまわりの黄色は夏の定番です。1枚くらい描いておかないと自家用カレンダー作りのときに困ります。
 最近は女性の画家さんが水彩で花を描くのをよく見ます、でもあらかた永山流で新鮮味がないです。

投稿: 杜しま | 2015年8月 1日 (土) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/60973730

この記事へのトラックバック一覧です: 山は青く夏の花、ひまわり  仙台市泉区朴沢:

« 100年前の雄勝石スレートをキャンバスに | トップページ | みちのくは夏まつりの季節  せんだいたなばた »