« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月24日 (月)

旧羽州街道金山宿跡  山形県上山市金山

6

 かって奥州街道と並んでみちのくの幹線街道として津軽藩から上山藩まで多くの大名の参勤交代に使われていた旧羽州街道の山形側最後の宿跡です。
 ここから奥の家のところを左へ折れ急坂を越えて仙台藩領へ入りその後奥州街道と合流します。往時は参勤交代だけではなく出羽三山詣りの参詣者や商人たちで賑わったであろう道ですが今はひっそりと眠っているようでした。
 現在は3軒の建物がありますが生活感が感じられるのは手前の1軒だけでした。
 峠への道は歴史の道として県市の手により守られています、その保存計画を立てる仕事をした15年前がなつかしくてちょっとさびしい風景ですが描きました。絵の中の人影は自分です、湧水の管があったので水汲みをし帰ってコーヒーを入れました。

 用紙はストラスモアインペリアルF8、絵具はシュミンケです。紙との相性もあるようでアルシュに比べると少し沈んだ感じの色になりました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

ヤマユリに魅せられて  宮城県大和町高山

9

 甲子園は東北地方あげての応援も届かず残念、決勝まで来ただけに残念さは倍化していますが選手たちのさわやかな表情に涙しました。

 

 先月の風景です。娘が帰省するのに合わせて玄関に歓迎のしるしをと思いヤマユリがたくさん咲く山里へ行きました。いつものように道端の藪の中や道路法面にたくさん咲いていました。北側斜面や水路脇の木の下とか湿っぽいところに多いです。私有地ではなさそうなところから3本頂いてきましたが帰路の車の中に香りが満ちました。
 正面の高倉山(854m)の斜面部に高山という小集落があります、成立由来はわかりませんが耕地もわずかでなんでこんな厳しいところに?です。もしかすると戦後の開拓入植地かもしれません。

 用紙はストラスモア28×22cmのスケッチブックです。絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

素敵なスケッチブックと思いきやあれれのれ

 少し前に市内での画材フェアでみつけた英ラウニー社製のA-4判62ページのスケッチブックのきれいさ、造りの堅牢さに感心してもとめました。未使用のままでしたがどんなもんかなと試しました。

Img313 表紙

 Dsc_9708_2 ひろげるとこんなデザイン

 そこでありゃーということになりました。それは水彩には使えないということです、水彩で空を塗ったとたんに激しく波打ちし色むらどんどんでした。

Img314 激しい色むら


 Img312 注意書き

 表紙の注意書きをよく見ると、ペン、パステル、鉛筆限定とありました。水彩絵具メーカーが出してるのだからとそこまで考えてもみませんでした。
 まあペン描きや色鉛筆には問題なしですのでそう心得ておきます、ノートとして使ってもおしゃれです。そういえばかなり安かった覚えがあります。 

Img315 油性色鉛筆で練習

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

ニッポン国古屋敷村ロケ地  山形県上山市古屋敷

5 

 1982年に小川伸介監督により制作された「ニッポン国古屋敷村」(ふるやしきむら)のロケ地へ行って見たいと思いつつ行ってなかったので片道100kmがんばって行きました。
 前々記事の遠景の不忘山の向こう側です。落人伝説や鉱山繁栄の歴史もある古い集落です。映画の当時は8戸の家がありました。残念ながら6戸は廃屋化していましたが2戸がリホームもされて現役でした、絵の右の2軒です。
 以前は絵の道を上山駅から定期バスも通っていてさらに奥の萱平という集落まで行っていたとのことで、道路もここまでは2車線の立派なものです。両集落の中間に小学校分校もありました、今でも建物は民間会社の施設として現役でした。
 映画のあと左側の家々は地元のホテル業者が買収しふるさと村のようにしましたがバブル崩壊とともに今は荒れるがままでした。しかし蔵造りの建物はしっかり建っていました、さすがです。

 用紙はキャンソンがこさえたらしいアルシュのアートボードという厚い裏打ちがされたもので水張り不要です、さすがにいい紙で気持ちよく描けました。40×30cmというサイズでF6より少し小さいので額装するにはマットを特注です。絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

今年の仙台たなばたは好天  仙台市一番町

 4

 いつも雨にたたられる仙台たなばたですが今年は好天続きで人出も多く賑やかでした。
 おしゃれをした女の子が親と一緒に遊んでいる風景がそちこちで見られました。きっといい思い出ができたことでしょう。

 用紙はストラスモアのスケッチブック28×22cm、カステル水彩色鉛筆使用です。相性はいいようです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

不忘山麓の開拓地に夏が来た  宮城県白石市不忘

3

 前記事の後輩夫婦の農場の周囲は戦後海外から引きあげてきた方々が入植し高冷地の荒れ地を開拓してきたところです。火山の山麓ですから地味は悪く気候も熾烈で、多くの方が放棄してしまいましたががんばって続けている方もおられます。
 今年6月には天皇陛下がパラオ島から引きあげて開拓に入った方々のところを訪問されました、ここのとなりの地区で北のパラオというところから北原尾という名がついたところです。
 遠景の山が蔵王連峰の南端の不忘山(1706)です、昭和20年3月に空襲帰りの米軍のB-29が3機ぶつかり搭乗員全員が死亡した事件がありました。戦後地元の方々が敵は敵だけれど異郷の地で果てた若者を慰霊するため山頂付近に慰霊碑を建てました。今年8月2日、この近くの展望地に慰霊と平和を祈って地元の方々の手により慰霊公園が開園しました。 

 用紙は独ハーネミューレのセザンヌの中判を半分に切りました、56×36cmです。横長の10号相当。絵具は純正組み合わせと勝手に決めているシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

後輩を訪ねて不忘山山麓へ  宮城県七ヶ宿町 横川

1

 大学の2年後輩が夫婦で宮城県の山間地に東京から移住して農業をしているという話を以前から聞いていて最近住所がわかったのでロケハンかたがた出かけました。
 南蔵王不忘山の山麓の40戸ほどの小さな古い集落で木地師の村だったとのことです。少し離れたところで大きなイチゴハウスを複数経営し元気で働く姿を見ることができました。私が知る限り一番標高の高いところ(700m)のイチゴハウスです。
 園芸学部卒とはいえ東京育ちのふたりが過疎の高冷地で開拓者のようなことをして苦労も多かったはずです。でも当人は多くを語らず前を向いて作業をしていました。

Dsc_0201

 

 集落の中央部に2軒の茅葺き家がありどちらも現役でした。付属建物や屋根の保護シートを除きながら描きました。

 用紙はWワトソンのB4、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

みちのくは夏まつりの季節  せんだいたなばた

2 

 みちのくの各都市の8月上旬は競うように伝統のまつりが開かれてせーのといっきに盛り上がります。6日から8日までの仙台の星まつり、たなばたはその中では静かなまつりです。いつも雨にたたられるのですが今年はだいじょうぶのようです。

 用紙はミューズ・タントの紺色をF6サイズにカット、絵具はターナーアクリルガッシュです。どのポイントというわけではなく定禅寺通りのイメージで描いています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »