« 旧羽州街道金山宿跡  山形県上山市金山 | トップページ | 原阿佐緒のふるさと秋の色 宮城県大和町宮床 »

2015年9月 1日 (火)

月と酒とうさぎさん

1

 2
週間毎日雨や曇り続きでせっかくの満月も見えません。これからも当分このままの予報です。
 そこで20年近いお付き合いの会員制のクラブでのうさぎさんとの仮想お月見です。店は限定された会員だけのきちんとしたルール、接客、うさぎさんたちも決して乱れず、もしあほなビジター客が狼藉を働こうものなら直ちに退場です。会計が高そうですがそこは会員制、ひとり2次会で乾きものと自分のボトルでゆっくり2時間、で、1000円なんてのもありです。
 絵心のあるうさぎさんと話をしているうちにイメージがわきました。

Img320

用紙はNTケントラシャ紙の青緑をF4サイズにカット、絵具はターナーアクリルガッシュジャパネスクです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

|

« 旧羽州街道金山宿跡  山形県上山市金山 | トップページ | 原阿佐緒のふるさと秋の色 宮城県大和町宮床 »

コメント

こんばんは哲です。
 日曜日に山車小屋を設営し、祭り準備がスタート。13日の本番まで連夜の作業になります。腰痛爆弾を警戒しながらになります。60肩もあるのです。
 楽しそうな宴会ですね、深い色味もいいですね。
 先日ネットで谷内六郎作品を眺めた中にウサギがあったのを思い出し開いて見ました。「にっぽんのわらべうた」の「うさぎうさぎ」の挿絵でした。輪になって踊るウサギを少女が木の陰から覗き込んでいる作品です。こちらのウサギは素面だと思います。

投稿: 哲 | 2015年9月 1日 (火) 18時54分

哲さん、こんにちは。
 お祭り準備おつかれさまです。貴重な画家さんですから期待も大きいことでしょう。
 谷内さんのうさぎを検索して見ました。月とうさぎと宴会を重ねると似てくるんですね、なるほど。
 オリンピックのマーク騒ぎが続いていますが発想がどこかより結果として似てしまえばアウトです。手打ちを期待して裁判までおこしたベルギーのデザイナーは早い話もうけそこなったというところです。それとも精神的損害をどうするんだなんて言い出すのかしら。

投稿: 杜しま | 2015年9月 1日 (火) 20時01分

こんばんは。
ウサギがイキイキと描かれていますが、モデルがあったのでしょうか。空想だけでこんなに描けるものかな・・・と思いまして。
青い紙もいろいろな微妙な色があって雰囲気が自然と醸し出されて素敵ですね。

投稿: palette | 2015年9月 2日 (水) 20時00分

paletteさん、こんにちは。
 個展おつかれさまでした、多くの収穫があったようですね。
 うさぎのモデルは特にありませんが強いて挙げれば北斎漫画です。
 色紙は安価なので気楽に使えますが水張りは必須です。また仕上がったらすぐに厚紙で裏打ちをスプレー糊でします。

投稿: 杜しま | 2015年9月 2日 (水) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/61418775

この記事へのトラックバック一覧です: 月と酒とうさぎさん:

« 旧羽州街道金山宿跡  山形県上山市金山 | トップページ | 原阿佐緒のふるさと秋の色 宮城県大和町宮床 »