« わが親娘これからどこへ | トップページ | 復活のたんぼ  仙台市宮城野区岡田 »

2015年9月14日 (月)

仙台駅前に路上靴磨きがいたころ昭和52年

5_2

仙台の都市づくりの経過を少しづつ絵にしています。
 今年は昭和が続いていれば昭和90年です、 昭和57年に盛岡-大宮間で開通した東北新幹線がもう33年になります、昨日のことのように思いますがずいぶん遠いことになりました。
 古い写真を見ていたら昭和52年の新仙台駅工事の盛りの頃に駅前の道路上に靴磨き屋が店を出しているのを発見しました。
 今では公道上での商売は許されないのですがたぶん戦災復興のどさくさの中で店開きをして既得権だみたいなことだったのでしょう。このあたりには飲み屋の屋台も出ていましたが一代限りということで今はなくなりました。
 そういえば当時はまだ市道の舗装率を上げることが市長選挙の公約になるような時代でした。未舗装道路が多かったせいで靴が汚れて靴磨き屋の仕事があったようです。

用紙はWワトソンのF6、興味のあるところだけ色をつけました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« わが親娘これからどこへ | トップページ | 復活のたんぼ  仙台市宮城野区岡田 »

コメント

おはようございます哲です。
 色をのせないのも面白いですね、横断歩道が効果的です。空の色も丁度いい感じです。
 郵便局の採用が昭和47年、仙台で研修があったりしましたから、こんな感じだったのかと思っています。
 12日の夕方から13日の夕方まで仙台にいたのですが、時間が無くて外に出られませんでした。ジャズフェスティバルの様子を取材出来なかったのが心残りです。

投稿: 哲 | 2015年9月15日 (火) 04時25分

仙台は11日、12日でした。祭り疲れです。

投稿: 哲 | 2015年9月15日 (火) 04時53分

哲さん、こんにちは。 
 変わりやすい天気のなかおつかれさまでした。
 市内の田んぼにも漂着ゴミが流れ込み機械の稲刈りができなくなっています、これから景気が悪くなりそうです。
 記録のつもりで描いたので表現したいところだけ力を入れました。このころは私は市の都市計画の部署にいましたが靴磨きさんは記憶にないです、たぶんまちの一部にとけこんでいたのでしょう。

投稿: 杜しま | 2015年9月15日 (火) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/61603835

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台駅前に路上靴磨きがいたころ昭和52年:

« わが親娘これからどこへ | トップページ | 復活のたんぼ  仙台市宮城野区岡田 »