« 雄勝石の再生をめざして展 石巻市巡回展 | トップページ | 後輩夫婦20年の成果  宮城県七ヶ宿町不忘 »

2015年10月18日 (日)

エメラルドの瞳にルビーの縁飾り  蔵王連峰お釜

8

40年ぶりくらいで訪れた蔵王連峰の刈田岳山頂からです。もう描きつくされた感のある蔵王連峰のシンボル火口湖(小さいけれど)お釜を見ています。
 宮城の風景画家なら一度は描くテーマですが私は初めてです。さすが宮城随一の山岳名所でどこから描いても絵になるなあと感じました。
 昨年水の色が一部黄変して“すわ!噴火!!”と入山規制が行われましたが最近解除されました。

 用紙はWワトソンF6、絵具はレンブラントです。ワトソンのF6ブックをやっと使い切りました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« 雄勝石の再生をめざして展 石巻市巡回展 | トップページ | 後輩夫婦20年の成果  宮城県七ヶ宿町不忘 »

コメント

こんばんは。
確かに複雑な構図で、どこからでも絵になりそうなところですね。
まわりにあまり色のない風景のなかにあって湖の色がとても印象的。
ビリジアン系の色はあまり出番はないけれどこういうときに威力を発揮しますね。

投稿: palette | 2015年10月18日 (日) 20時53分

paletteさん、ありがとうございます。
 仕上げてみるとこまごまと描きすぎのように思いますがまあ自分の足あととして残します。
 湖面の色はもっと深いのですがなんどもウオッシュし塗りなおしてもイメージ通りにはいきませんでした、別な紙を使うべきでした。挑戦の対象がひとつ増えました。
 たしかにビリジアンという色は派手すぎで日本の風景では出番が少ないですね、今回はビリジアンにエメラルドグリーンやフーカスグリーンなどを混色しましたがうまくいきませんでした。

投稿: 杜しま | 2015年10月18日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/62100074

この記事へのトラックバック一覧です: エメラルドの瞳にルビーの縁飾り  蔵王連峰お釜:

« 雄勝石の再生をめざして展 石巻市巡回展 | トップページ | 後輩夫婦20年の成果  宮城県七ヶ宿町不忘 »