« ワン君のハミング  仙台市青葉区十里平 | トップページ | 宮城の明治村  登米市桜小路 »

2015年11月 7日 (土)

廃バスのつぶやき  仙台市青葉区十里平

2

 開拓地十里平の終点行き止まりの廃屋の敷地に朽ちかけた市営バスがありました、ブナの大木が何本もあり大きな路線バスが小さく見える大きな敷地内で物置に使われていたようです。
 こんなことつぶやいているような気がしました、「ここに来てからずいぶん時間がたったなあ、あのころは人もたくさんいて学校もあった、今じゃこの広いところに6軒ばりだもんな、でも残って牧場をしっかりやってる若い衆もいるから当分大丈夫だべな」
 「おれが若いころは下の定義まで西方寺詣りの人をいっぱい乗せて来ていたなあ、なにせ山んなかなんで終バスが翌朝の始発になるんだけっとも当然乗務の運転手も泊まるわけだ、当時は市営バスの運転手は公務員だし給料はいいしで村の娘たちにもてたっけ」。

 用紙はレンブラントF6、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« ワン君のハミング  仙台市青葉区十里平 | トップページ | 宮城の明治村  登米市桜小路 »

コメント

こんばんは。
面白いテーマですね。
古くて味のあるものを描くのは楽かったことでしょう。
絵に何かを語ってもらうのは難しいことですが。

投稿: palette | 2015年11月 7日 (土) 23時40分

paletteさん、こんにちは。
 地方にロケハンにいくと時々こういう廃車を見かけます。日常車に世話になっているので単なる物体には見えず気になります。これから自分のテーマのひとつにします。
 市内の紅葉が盛りになりました、気があせります。

投稿: 杜しま | 2015年11月 8日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/62402908

この記事へのトラックバック一覧です: 廃バスのつぶやき  仙台市青葉区十里平:

« ワン君のハミング  仙台市青葉区十里平 | トップページ | 宮城の明治村  登米市桜小路 »