« 晩秋の泉ヶ岳 仙台市泉区西田中 | トップページ | まきばの雪景色  仙台市青葉区十里平 »

2015年12月 9日 (水)

秋の色と親子リスの

2

この秋は木々の色づきと木の実が豊作です、クマ君も里に下りてこないようです。
 絵描きはいつも自分のスタイルを変えられないだろうか、もっと違う表現方法があると思っているはず、なんてことを考えながら秋の色をランプライト紙のはじきの強さを利用して描きました。薄目に溶いた絵具をトプッとおいて乾かすと縁に色素が寄って自然にエッジができます、時間はかかりますがランプライトのくせの意外な使いこなしです。

用紙はランプライトのF8相当面積に切りました、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

|

« 晩秋の泉ヶ岳 仙台市泉区西田中 | トップページ | まきばの雪景色  仙台市青葉区十里平 »

コメント

こんばんは。
相変わらず丁寧な作風で、その根気に脱帽です。
いろいろな技法があるものですねぇ。自然にできたエッジを活かすとは。いつか参考にさせていただこうかと・・・。
色使いやリスが可愛らしくてホッとします。

投稿: palette | 2015年12月10日 (木) 22時44分

paletteさん、こんばんは。
 この技法は偶然発見しました。コスモスや朝顔、アジサイ、サクラなどの淡い系の花に合いそうです。紙もはじきが強すぎる!と評判が悪い紙ですがそれを逆手にとって使うのも新発見です。紙と絵具の組み合わせは奥が深くて面白いです。

投稿: 杜しま | 2015年12月10日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/62886267

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の色と親子リスの:

« 晩秋の泉ヶ岳 仙台市泉区西田中 | トップページ | まきばの雪景色  仙台市青葉区十里平 »