« 今年は春が早い  仙台市泉区根白石から泉ヶ岳 | トップページ | 平家落人の谷の春  仙台市青葉区白木 »

2016年4月 8日 (金)

新刊“遠野奇譚”の表紙カバーを描きました

 Photo_2

 昨年末に表紙カバー絵の依頼でおさめた新刊小説単行本が今月下旬発売です。1400円です。
 エネルギーフォーラム社というエネルギー業界を主な顧客にしている出版社です。初めての経験でとても新鮮でした。
 編集者の方がこのブログを見ての依頼です、情報発信はまめにすべきです。
 話は遠野物語が下敷きのちょっとこわい仕立てです、筆者のかたは遠野で仕事をしていたことがあるということで地域の描写に臨場感があります。
 遠景の山は遠野の北東にある六角牛山(ろくこうしさん)です。

Img398 裏表全体はこんなつくりです。本は帯や出版情報が入るので構図が難しいところがあります。それを考えないで好きに描いてしまった点は反省です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

|

« 今年は春が早い  仙台市泉区根白石から泉ヶ岳 | トップページ | 平家落人の谷の春  仙台市青葉区白木 »

コメント

こんばんは。
ブログを見ての依頼とは、すごいことですね。
やはり地域の方には共感する絵の魅力がたくさんあったのでしょう。おめでとうございます。

投稿: palette | 2016年4月 8日 (金) 22時12分

paletteさん、ありがとうございます。
 編集者の方が遠野の絵というキーワードで数えきれないほどのサイトの中から選んでくれたことに感謝です。もっとも当初のイメージとはかなり違うものになりましたが編集者の指示は結果としてはよかったと思います。
 盛岡で暮らした方と仙台の絵描きという組み合わせがどんな評価が得られるか楽しみです。

投稿: 杜しま | 2016年4月 8日 (金) 23時37分

この度は、リケジョ作家の藍沢羽衣先生としては初となる長編小説『遠野奇譚』の装画を描いていただき誠にありがとうございました。いよいよ発売開始ですので、GWにかけて多くの方々に読んでいただきたいと思います。小説の舞台となっている地元・遠野市の観光協会でも販売されますので、遠野市を訪れる観光客の方々にもお手に取ってもらえたらと考えております!

投稿: エネルギーフォーラム出版部@山田 | 2016年4月13日 (水) 20時57分

 山田さん、いろいろお世話になりました、ありがとうございました。とても有益な体験をさせていただきました。
 ネット上に紹介されていたのでUPしました。
 友人たちにも宣伝をしております、みなさんまだかまだかと言っております。
 遠野の協会でも売られるとのことよかったです、GWに限らず遠野物語にひかれる観光客が多いところですから反響が楽しみです。
 

投稿: 杜しま | 2016年4月13日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/64876948

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊“遠野奇譚”の表紙カバーを描きました:

« 今年は春が早い  仙台市泉区根白石から泉ヶ岳 | トップページ | 平家落人の谷の春  仙台市青葉区白木 »