« 蔵王の夏あとわずか  宮城県川崎町小野 | トップページ | 夏が終わる   宮城県大和町沢渡 »

2016年8月28日 (日)

 蔵王 お盆のころ   宮城県川崎町小野

7_6

 前記事と同じ日のロケハンです、視点を変えて描きました。この2週間間で田んぼの色はみのりの色へ変わっています。
 この絵はこの町在住の知人で絵を何枚も買っていただいている方へのお礼として差し上げるために描きました。

 用紙はモンバルキャンソンF3です、絵具はW&Nです。この紙は発色がいいのですが絵具の定着がよくなくて濃い色にしようとすると下の色が溶け出してきます。いわゆる淡彩むきなのでしょう。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« 蔵王の夏あとわずか  宮城県川崎町小野 | トップページ | 夏が終わる   宮城県大和町沢渡 »

コメント

こんばんは。
うかうかしているうちに夏から秋へと様子が変わっていたのですね。
この絵では山肌が少し色づいているように見えますが・・
本格的な秋の前、9月はテーマを探すのに苦労します。
またいろいろ参考にさせていただきたいと思います。

それにしても固定の御得意さまがいらっしゃるとは素晴らしい。心のどこかに共通の心象があるのかもしれませんね。

投稿: palette | 2016年8月29日 (月) 22時43分

paletteさん、こんにちは。
 台風の雨の最中です、田や畑の被害が心配です。
 9月は夏と秋の中間みたいで描きにくい季節ですね。私はそのなかで田んぼの黄金色が主力テーマになります。
 山の色づきにみえるのは火山の岩のところ、いわゆるガレ場なんです、蔵王連峰の中央部にはとくに多いです。

投稿: 杜しま | 2016年8月30日 (火) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/67228803

この記事へのトラックバック一覧です:  蔵王 お盆のころ   宮城県川崎町小野:

« 蔵王の夏あとわずか  宮城県川崎町小野 | トップページ | 夏が終わる   宮城県大和町沢渡 »