« 気をつけましょう、甘い言葉と「あとから電話します」 | トップページ | 初冠雪晩秋の日  宮城県村田町 東山 »

2016年11月21日 (月)

古碑が見守る早池峰の里  遠野市小出

 5

 北上山地の霊峰早池峰山への参詣古道の道端にいわくありげな古碑群がありました。小さな山里を見守るように立つ姿は遠くの早池峰山とあいまって晩秋の詩情を感じさせました。
 碑銘には3つが金毘羅大権現、1つは金華山とありなぜか海を渡り航海安全を祈るところでした、山の人の海へのあこがれでしょう。そういえば山形県の海から一番遠い山村に金毘羅塔を見た記憶があります。中央のは読めませんでしたが供養の文字は読めました、なにかの供養塔らしいです。
 この少し先にもうひとつ大出という集落がありそれが山へ向かう道の最終の人里です。

 用紙は旧ワットマン51×39cmです。絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

|

« 気をつけましょう、甘い言葉と「あとから電話します」 | トップページ | 初冠雪晩秋の日  宮城県村田町 東山 »

コメント

素敵な晩秋の郷愁を思いdされるような素敵な絵ですね。紅葉とさびれた石塔(石墓?)のマッチングもいいですね。構図、絵のタッチも素晴らしいですね。お気に入りのひとつとなりました。

投稿: 悠々田舎人 | 2016年11月21日 (月) 21時07分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 そろそろ冬支度の最中でしょうね。
 コメントありがとうございます、遠野はどこを見ても絵になります。
 この古碑はお墓ではありません、祈りの塔です。

投稿: 杜しま | 2016年11月21日 (月) 23時53分

こんばんは。
先日もコメントしたのですが、消えていました。きっと送信ではなく確認ボタンを押してしまったのでしょう。💦
 
私も先月はじめて遠野へ行ってきました。
いろいろ写真は撮ってきたのですが、イマイチ構図等が決まりません。
古碑群を主役に、それらが見守る風景という構図はとても面白いですね。いつか描いてみたいです。

投稿: palette | 2016年11月23日 (水) 23時13分

paletteさん、いつもありがとうございます。
 先月はじめだと紅葉もまだで地味な風景だったでしょうね。
 今回はかなり思い切った構図にしました。真ん中に松の幹と古碑です。
 遠野は小さな盆地ですがそれゆえにいろいろ独特な伝統があります、画趣の尽きないところです。
 古碑は見る人によってはお墓に見えてしまうことがあるので描き方に注意が必要です、個展などに出展したときお墓だと思われ気持ち悪いと言われたりします。

投稿: 杜しま | 2016年11月24日 (木) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/68521183

この記事へのトラックバック一覧です: 古碑が見守る早池峰の里  遠野市小出:

« 気をつけましょう、甘い言葉と「あとから電話します」 | トップページ | 初冠雪晩秋の日  宮城県村田町 東山 »