« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

ゆるやかに冬へ  宮城県村田町 東山

 8_2

 里の秋は郷愁感とともに歌や絵心をそそるものがあります、唱歌の「里の秋」はその代表です。都会派では「枯葉」なんてのもありますし五輪真弓の「恋人よ」もそんな感じです。
 今年の冬は初雪が早かったわりにはその後続かずあたたかい日が続いています。
 
スキーに夢中のころには早い雪に張り切ると、職場の蔵王年末年始のスキー合宿では雪不足なんてのも何度も経験しました。
 一度描いた風景ですが家や山並みの見え方などを自分のイメージにアレンジしました。

 
 用紙はウオーターフォードF6、絵具はクサカベです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

豊かな里山の秋  宮城県村田町東山

7

 今年の桜の季節に一度描いたところです。先月、秋はどんな風景になっているか再訪しました。予想通りきれいな紅葉に包まれたあたたかな風景がありました。

 用紙はウオーターフォードF6、絵具はクサカベです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

山は初雪、里は紅葉  宮城県村田町足立

6_3

 1か月ほど前のロケハンでの風景です。秋の青空のもと遠い蔵王連峰の高みに雪が降り、まもなくの冬に備えて里の小さな牧場で牛たちせっせと草を食んでいました。

 用紙はモンバルキャンソン・マリン48×23cm、絵具はクサカベ、紅色はガッシュの力を借りました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 ↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

招き猫の季節

 5

 あっというまに今年もあと少し。お正月に知人に配る縁起物の招き猫のイラストを描きました。でも明るさが足りないし目つきがなんだかへん、もう一枚です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

晩秋の里   宮城県村田町東山

 4

 ゆるやかな起伏の丘が続く村田町の里景色です。
 小さな谷をここは自分の領分といいたげな1軒がありました。冠雪した蔵王連峰を遠景にした里風景をなんていいんだろうとみとれていました。

 用紙はウオーターフォードF6、絵具はセヌリエです。紙の白さが秋空の色の表現にぴったりでした。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

民話の里秋景色  宮城県村田町姥ケ懐


  2_3

 次第に冬が迫ってくる毎日です。
 先月13日のロケハンからです。
 仙台市の南となりの村田町の東部の谷に姥ケ懐という名の20戸くらいの集落があります。その名からも想像できるように歴史が古く平安時代の鬼退治民話が伝わっています。

 豪傑渡辺綱が都で鬼と戦い腕を切り落とし、その腕を女性に化けた鬼がこの地で取り返して家の屋根の煙り出しから逃げたという話です。
 それ以来この地の家には屋根に煙り出しを設けないということになっているそうです。

 用紙はアルシュ51×36cm、絵具はセヌリエです。ともにフランス製なので相性はよいはずと思いはじめて組み合わせました。小春日和のあたたかさが出せました。セヌリエはふわっとした発色で春の景色に合いそうです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »