« 丘を越えて春の蔵王連峰  宮城県村田町村田 | トップページ | 七ツ森に春雪  宮城県大和町宮床 »

2017年3月28日 (火)

わがオーディオ道楽の終着点で事件、タンノイランカスターユニット入れ替え

9

世の中は春なのに天候が荒れて落ち着かないです。でもまちがいなく来月は桜が咲いて楽しませてくれるでしょう。

以下はオーディオマニアのおはなしです。

昨年わがオーディオ道楽の終着点と思って導入した英タンノイオリジナルのランカスター(40年ものHPD315タイプ)に荒療治を施すことになり無事手術が終わってひと安心の夜を過ごしています。不具合は求める前の試聴で指摘し修理したはずのトゥイターの特定の音でのビリつきが完全に治っていなかったことです。
 なにせ40年前の製品ですからなにかはあるけれど音そのものの問題では落ち着いて聞いていられない。で、販売店に相談しいろいろ交渉の結果販売責任もあるとのことになり、商売のネットワークで探してもらいたまたま同じスピーカーユニットの箱入り在庫があった山形市の店(仕入れ先とのこと)から外して持ってきて中身を入れ替えという前代未聞の荒療治の末に戻ってきました。
 箱は英国オリジナルのものでスピーカーユニットより箱が高いということで輸入当時は暴利だ、日本の木工技術で作ったほうが安くていいものができるなんて説が一般的でしたがその後そうではない、楽器と同じでユニットと箱はふたつでひとつなんだということが常識になりました。
 ところが同時期の品番型番のスピーカーユニットなのに固定用のネジ穴の形状がわずかに異なりそのまますんなり入れ替えとはいきませんでした。当時は大英帝国の最凋落時期でかなりおおざっぱなことをしていたようです。販売店の若い衆が鑢を手に大汗をかいてセットしてくれました。
 結果はうまくいきました、でもおなじ品番型番といえども手工業ゆえ製造のラインや日時の違いで当然ながら音は違います、アッテネーターを上げたり下げたり、置きかたをセンチ単位で前に出したり横に広げたりまあこれは楽しみのうちであります。これで落ち着いてレコードが聞けるようになりました。
 販売店(オーデイオショップケイキ、仙台市青葉区宮町)の社長に経費はかかっているのだから負担するから言ってくれと言ったら、「向こうの店の手間賃に払う分はもらうけれどこっちの分は俺は信用と売り上げでやってるんだからいらねえ」ですって。やるなあやせがまん。
 そのうちアンプのひとつも買わなければならんかなあ。

8 こんな現在です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« 丘を越えて春の蔵王連峰  宮城県村田町村田 | トップページ | 七ツ森に春雪  宮城県大和町宮床 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/70073978

この記事へのトラックバック一覧です: わがオーディオ道楽の終着点で事件、タンノイランカスターユニット入れ替え:

« 丘を越えて春の蔵王連峰  宮城県村田町村田 | トップページ | 七ツ森に春雪  宮城県大和町宮床 »