« やわらかな緑  仙台市泉ヶ岳 | トップページ | 静寂の初夏  仙台市泉区根白石 »

2017年5月29日 (月)

開拓地の春  仙台市青葉区十里平

8

地名からして広そうで実際も広いところですが仙台市内の戦後の開拓地でもっとも厳しい気候条件のところです。 
 かっては小学分校があるほどの人々が暮らしていましたが今では数戸が酪農を主として頑張っているところです。5月の連休時でこんなふうです。
 絵は地区の入り口となるところから描いています、左の大きい山と中央の小山がつくる谷間の奥までが十里平と呼ばれる地区です。道は昭和30年代なかばまで稼働していた営林署の森林軌道跡です。
 この絵で四季がそろいましたが初夏と盛夏を追加する予定です。

用紙はキャンソンのムーラン・ドゥ・ロア45×30cm、絵具は初夏ならラウニー(自分で決めてる)です。この組み合わせは初めてですが意図したラウニーらしい明るいさわやかな色が出せず少し重くなりました。紙と絵具の相性は不思議なものです。
 紙の縦横比が独特で既成の額には合うものがありません、そこで得意の自作で用意しました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

|

« やわらかな緑  仙台市泉ヶ岳 | トップページ | 静寂の初夏  仙台市泉区根白石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/70705041

この記事へのトラックバック一覧です: 開拓地の春  仙台市青葉区十里平:

« やわらかな緑  仙台市泉ヶ岳 | トップページ | 静寂の初夏  仙台市泉区根白石 »