« クサカベ・アキーラを買ってケースを自作 | トップページ | 銀山への道、カンゾウを添えて   山形県尾花沢市畑沢 »

2017年8月14日 (月)

わがオーディオの終着点に先があった、タンノイランカスターに真空管アンプ

Dsc_0043_2

 わがオーディオの終着点と思っていたオールドタンノイランカスター(HPD315初期タイプ)とアキュフェーズアンプE600のコンビの端正な音に満足していました。
 しかしマニアは常に何か不満を持ちます、オールドタンノイには真空管アンプをためしたいなあと。45年前の伝説話で「黄金の組み合わせ」なんて言われた組み合わせがありました。それがはからずも今夏実現しました。
 春にランカスターの修理で大きな手間をかけたオーディオショップ・ケイキさんでそんな話をしていたら脇で聞いていた担当がトライオード社(メーカー)からKT88シングルの新製品試聴用を取り寄せてくれ、自宅に借りだして試聴し、この値段でこの音ならと購入して3か月たちました。


 でもこころの片隅で「これはこれでいいけれど、やはり今はなき45年前のラックスSQ38FDかMQ60で聞いてみたい、完動品を手に入れるのは不可能に近いけれど、ほしいなあ」とあちこち探っていました。

Dscf1364_3


 
それが、今夏奇跡がおきました。会社に新入社して隣席にいる某官庁のOBさんが「MQ60なら持っているよ、でも故障していて使えないよ、使わないから欲しければあげるよ」ですって!!

Dscf1362

 故障の状況を見たらもとラジオ少年の自分は「これは致命傷ではない、真空管が生きてるから直せる」と判断してありがたく頂戴しました。名酒1本と物々交換!
 さっそくケイキさん経由で修理屋(横浜)に送り9日後戻りました。予想していた筐体の配線の抵抗抜けではなくオイルコンデンサーが劣化していて全交換、各部の動作を調整し完動です。

 Dscf1367 
 
 今は先に購入した最新のKT88シングル(左側)とつなぎ変えながら試聴しています。出費も予想より少なかったし40年前のスピーカー、同じ年代のアンプ、同じ年代のレコードとプレーヤーでオーディオの神さまに感謝しつつ当分酒とバラの日々が続きそうです。

 肝心の音ですが、MQ60はズシンと来るような低域の重さはないけれど高級ブランデーのようにまろやかさときれを併せ持ち余韻(ホールトーン)を感じさせつつゆったりとした豊かな空気を作ってくれます。新製品はまろやかさを持ちながら力強い音がスピード感を持ちぐいっと前に出てくる、ジャズのドラムスのキレには圧倒されます。野の花に例えると、前者はアジサイ、後者はヤマユリという感じです。 


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

|

« クサカベ・アキーラを買ってケースを自作 | トップページ | 銀山への道、カンゾウを添えて   山形県尾花沢市畑沢 »

コメント

すごいオーデイオですね。いつか一度は試聴してみたくなります。雨が続いており、こんな日はゆっくりと音楽を聴きたい心境です。それにしてもすごいなあ。。。。。

投稿: 悠々田舎人 | 2017年8月19日 (土) 02時53分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 お天気がさえないので気分も上がりません。音も湿っています、スピーカーの箱が湿気を吸って鳴りが鈍くなるせいでしょう。
 40年間オーデイオ道楽を続けて来てとっかえひっかえやってきましたが結局40年前の機械に戻ってきました。オーデイオの還暦というところです。

投稿: 杜しま | 2017年8月19日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/71417888

この記事へのトラックバック一覧です: わがオーディオの終着点に先があった、タンノイランカスターに真空管アンプ:

« クサカベ・アキーラを買ってケースを自作 | トップページ | 銀山への道、カンゾウを添えて   山形県尾花沢市畑沢 »