« わがオーディオの終着点に先があった、タンノイランカスターに真空管アンプ | トップページ | ヤマユリと不忘山  宮城県七ヶ宿町 長老 »

2017年8月15日 (火)

銀山への道、カンゾウを添えて   山形県尾花沢市畑沢

3_2

 3つ前の記事の絵の付近の風景です。道の先には銀山の繁栄の後を残す延沢の集落と城跡があります。
 山や谷間の集落は平野部と異なり家々は肩を寄せ合うように建っています、せまい耕地を有効に活用するためでしょう。先祖代々からの濃密な人間関係が想像できます、都市住民からするとなんだか恐ろしいような・・・。

 

 用紙はファブリアーノ細目F6、絵具はクサカベです。この組み合わせは初めてですが予想通りの鮮やかな花色が出せました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

|

« わがオーディオの終着点に先があった、タンノイランカスターに真空管アンプ | トップページ | ヤマユリと不忘山  宮城県七ヶ宿町 長老 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/71427700

この記事へのトラックバック一覧です: 銀山への道、カンゾウを添えて   山形県尾花沢市畑沢:

« わがオーディオの終着点に先があった、タンノイランカスターに真空管アンプ | トップページ | ヤマユリと不忘山  宮城県七ヶ宿町 長老 »