« 越後平野は豊か  新潟県村上市荒川 | トップページ | 日本一の豪雪地の夏  山形県小国町沼沢 »

2017年9月 7日 (木)

山里の晩夏  山形県小国町伊佐領

2

 お盆の時期に新潟市へ行く用事がありましたが混雑高速で行くのも味がない、そこで旧越後・米沢街道に沿って走ることにしました。
 JR米坂線に沿う国道113号です。数えきれないトンネルと橋を通ります。ところどころで旧街道、宿場、遺構を見ることができました。
 その中でも一番山深い感じがした伊佐領(いさりょう)という小集落です。
 旧街道からはひと山外れていますがJR米坂線の駅があります。かつては独立した村で立派な小学校(最近廃校)もありました。歴史を調べるとかなり古く中世にさかのぼり、伊佐氏という豪族が支配していたので伊佐領、伊達政宗の祖先が伊達姓になる前は伊佐氏を名乗っていたので関係があるという説もあります。
 耕地少ない山里ですが林業が盛んなころは相当に賑わったようです。駅には貨物扱い専用の引き込み線や除雪車の退避線もあったとのことです。駅前は大型トラックも通れる広い道があり両側には仕事人の旅館だったと思われる3階建てやもと駅前みせやなどがあります。

3  駅はログハウス風のかわいい駅舎で鉄道駅マニアには人気があるそうです。1日の乗降者は10人前後とのことです。

 

 用紙はウオーターフォードF6、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

|

« 越後平野は豊か  新潟県村上市荒川 | トップページ | 日本一の豪雪地の夏  山形県小国町沼沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/71638434

この記事へのトラックバック一覧です: 山里の晩夏  山形県小国町伊佐領:

« 越後平野は豊か  新潟県村上市荒川 | トップページ | 日本一の豪雪地の夏  山形県小国町沼沢 »